Wi-Fiルーターを買ってきて、プロバイダーの接続情報を設定しただけで、無事インターネット接続ができたので、ほかの設定項目は触らずに終了してそのまま・・・という方も多いのでは?

初期IDとパスワードがそのまま・・・

最近の機種は最初から個別のIDと個別のパスワードが設定されていたり、パスワードを自分で設定しないと初期設定が完了しないようになっていますからとりあえず安心ですが、昔の機種は共通のIDと共通のパスワードが設定されていたり、空白のパスワードが許されたりしていました。

さらにまずいことに、昔の機種は外部からの本体の設定変更ができるものもありましたので、Wi-Fiルーターの機種が分かれば、デフォルトのIDとパスワードを試してみると結構な確率で接続出来たりしました。

それほど初期設定のIDとパスワードで放置されているケースが多いということ。

古い機種程その確率が高いですから、今一度お使いの機種の設定を確認してください。

業者に任せたからちゃんとやっているだろうなんて性善説で考えてはいけません。

回線接続のサービスで設定してくれたものは、基本的にインターネットへの接続ができることを提供するだけのものであって、セキュリティ設定や個別の環境に合わせた調整は自分でやってねというスタンスです。 もちろん付加価値サービスでセキュリティ設定などまで、じっくり個別環境の設定まで行うサービスもあるけれど、当然料金が高くなります。 おまけのサービスに多くを期待してはいけません。

まず、IDとパスワードがマニュアルに書いてあるものと同じであったら、アウトです。 今すぐIDとパスワードをオリジナルに変更してください。 あなたの家のWi-Fiは無料Wi-Fiサービスのように他人に使われていた可能性があるだけでなく、宅内のPCやスマホに侵入されていた可能性もあります。

この初期IDとパスワードが放置されているケースはWi-Fiルーターに限らず、様々なインターネットに接続している機器に見られます。 監視カメラのIDとパスワードが初期値のままで、初期値を知っていれば他人の宅内が自由に見られる状態になっているケースが多いので、注意が必要です。

接続設定が完了したら、必ず接続情報を変更して、記録を取って保存してください。

そして、ユーザー登録をして、定期的にファームウェアの更新がないかをチェックしてください。 ユーザー登録をするとファームウェア更新の案内を送ってくれることが多いので、登録するのが望ましいです。

Wi-Fiルーターはインターネットの荒野に立つ門番ですから、常に危険にさらされています。 ファームウェアに脆弱性が見つかったら、それを使った攻撃が来るものだと思ってください。 ファームウェアの更新は攻撃から守るための必須の作業ですから、定期的に本体に接続してファームウェア更新の有無を確認してください。 古い安価な機種では、ファームウェア更新チェックの機能が本体メニューにないものもあります。 その場合はメーカーのホームページを定期的に閲覧して調べる必要があります。

ただし、低価格のWi-Fiルーターでは、ファームウェアの更新期間は短いので、ホームページ上に何年も更新プログラムが出ていないようであればサポートされていないのだと思って買い替えを検討してください。状況としてはサポートの終了したWindows XPを使っているのと同じ状態なのです。

SSIDの変更

SSIDも割と最近まで、皆同じSSIDが標準で設定されていました。 ~USERなどの解かりやすいSSIDがセットされています。 そのSSIDをそのまま使用していると、IDとパスワードが初期値である可能性があるという情報を与えることになりますから、変更しましょう。

変更する際に、使用者を特定するような情報を入れてはいけません。 「YAMADAWIFI」(山田さんちのWi-Fi)だとか「ABCAP102」(ABCアパートの102号室)などと、どこのだれが使っているという情報をわざわざ外部に向けて発信してはいけません。 だれが使っているかということが分かれば、パスワードを推測する一つの情報を与えることになります。

住所や電話番号、家族の名前などパスワードに使われそうな情報を調べて接続を試みるのはパスワード破りの基本的な方法なので、使用者を特定する情報を示さないことが安全対策になります。

ちょっとした注意が安全対策の基本です。 指差し確認まで行かなくても、もう一度設定情報を確認する余裕をもって設定に臨んでください。 初期設定には要注意です

 

VMware Workstation 12 Player