Wi-Fi」と「無線LAN」。 読み返してみるとこのブログでも両方使っていて、技術的に語るときは「無線LAN」を、一般論で語るときは「Wi-Fi」を使う傾向にあります。 みなさんはどう使い別けているでしょうか?

どちらを使っているから間違いとか、こう使わないと通じないということはありません。 どちらを使ってもまちがいではありませんし、話は通じます。

IEEE 802.11シリーズは英語ではWireless networkの規格となっています。 日本語で直訳は無線ネットワークですが、通常は「無線LAN」と呼ばれています。 ですので、802.11シリーズの規格に基づいて設計された無線機器は全て「無線LAN」対応機器ということになります。

一方、「Wi-Fi」Wi-Fi Allianceという無線LAN機器の業界団体認証規格を示します。

IEEEは無線LANの規格は定めましたが、その規格に則って作られた製品が、正しく規格通りの動作をしているかを検証する制度は無く、その結果他メーカーどころか、同一メーカーの製品でも型式が違うものは相互接続ができないという事態が発生しました。 この事態を解消すべく1999年に業界団体で検証機関を設立したのが Wireless Ethernet Compatibility Allianceで、2002年にWi-Fi Allianceという名前に変更されました。

Wi-Fiという言葉は造語で、当時高音質オーディオを占める用語として流行っていたHi-Fi(Hi Fidelity)を模してWi-Fi(Wireless Fidelity)としたとされます。 語感でつけたということで深い意味は無いようです。

Wi-Fi Allianceの検査に合格するとWi-Fiのロゴマークの使用が許され、他機種との相互接続が保証されます。

つまり、無線LAN機器のうち、Wi-Fi Allianceの検査に合格した物だけがWi-Fi機器と呼ぶことができます

Wi-Fi Allianceの認証を受けるのは任意ですから、Wi-Fiロゴの付いていない製品もあり得ますが、相互接続が保証されない製品を買う人はいないので、通常の市販の製品はWi-Fiロゴが付いています。 市販ではなく、会員に無料で配るための専用の製品ではWi-Fiの認証を取得しないケースもあります。

なので、無線LANが包括的な用語で、Wi-Fiは規格を正しく実装できていることを業界団体が認めた製品ということになりますが、基本的には同義として使って問題はありません。

VMware Workstation 12 Player